読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え?

気が向いたら('ε'*)

急がば回れ?

毎日ほぼ平和に過ごしているので
blogに書くネタ的なものは
そうそう起こらないと
鼻をほじる準備が整いましたら
れっつスタート。












今日の朝の出来事。



家族が二度寝して
お弁当作る時間が取れなかったので
それなら楽出来るようにと
好きなものを買っておいでーと
朝食と昼食を買いに出掛けました。
(自分は起きてた)




家に財布は長財布とがま口があるのですが
少しだけの買い物と行く店には
ポイントカードもないので
がま口に元から入れてあった1,000円と
10,000円のお札を足して入れて行きました。

他店のスタンプカードも
1つだけ入っていましたが
態々抜き取る必要もないので
そのままに。

で、偶々そのスタンプカードを挟む形で
お札を入れてあったんですね。




ここで嫌な予感はしていたのです。




あーこれ10,000円札出す時に
スタンプカードも一緒に出して
後ろにくっついてる1,000円札を
落としてこないよね?と。







まさかそんな馬鹿なことは
いくらなんでもしてこないよね?と。








こういう場合の嫌な予感というものは
本当に気持ち悪いくらいよく当たるもので。









帰ってきて即
がま口の中身を確認したところ
案の定、スタンプカードと
10,000円のお釣りであろう
お札のみ。









(´Д`)









いわずもがなですよ。
もう怒りで動脈切れそうで
抑えるのに必死でした。

兎に角一通り怒って
店に探しに出掛けさせ
その間に自分はレシート確認即電話。


これこれこうこうで
1,000円落ちていませんでしたか?と。
店員のお姉さんが
「確認してみますねー」
電話口で待ちながら
これ後から来た客とかに拾われて
もう無い率のが高いだろうなぁと思ってたら

「もしかして折り畳んでありましたかー?」

と言われて



「それですううううううううううう!涙」



と泣きそうな声で答えました。





半分の半分4つに折り畳んでますと伝えると
「あー♪これですね、ありましたよー♪」
お姉さんありがとう。

レシート番号と名前を伝えて
今そちらに家族が向かってますので
落としてあったことを
言ってやってくださいと、
本当にすみませんでした
ありがとうございますと言い終えて
電話を切りました。






帰ってきた家族に
「1,000円は?何処に落としてたか聞いた?」
と聞いたら

「店員のお姉さん拾ってくれてて
ポイントカードあったからそこから
名前も知ってたみたい」

と明後日なことを言い出す始末。









(´Д`)










何でポイントカードやねん。
その店にポイントカードないやろが。
何でポイントカードが無い店で
ポイントカードから己の名前が分かるんや。

これらのこと言うと
「ポイントカードで調べたら名前分かるやろー!
だからお姉さんも知ってたんだよー!
名前言ってくれたもん!!」

家族はテンパると
脳内の処理能力が追いつかず
支離滅裂なことを言い出します。

普段から急がなくていいところで
変にせかせかと自分で自分を追い立てて
いらぬ失敗の連続なんです。
そして自分の非を認めたくないんです。

普段からそういう時は先に
「ごめんなさい」を言って、
それから何があったのかを言うんだよと
言い聞かせても

( ・ε・)

何やねんその顔……。

(´・ω・`)

間違えとんのかーいっ!!







朝の一連の出来事で物凄く疲れました。
まぁお互い帰る頃には忘れて1日が過ぎれば
いっかなーくらいに思っています。






がま口には小銭が一番よく似合い
扱いやすいというお話。








追伸:今日は別件のトラブルで心神喪失でした。
なのでおやつとデザート大漁買いです。
晩御飯は鯖の煮付けと冷奴と蒲鉾の
わさび醤油でした。

アサヒッスパドラーイッ!!