読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え?

気が向いたら('ε'*)

紅蓮のオルフェンズ

毎週の楽しみの為に
予定は作らない意思を固める
準備が整いましたら
れっつスタート。


















れいじょーふぁーいっ!!








声の限り
声の限り
声の限り叫んでーっ!!











いや、新OPなのは分かっていますが
気持ちはこっちです。







新OPも慣れてきましたけどね。







さぼぅぃぶぁわぁーっ!!
(サヴァイバー)













本日は題名の通りフミタンからスタートです。


フミタンはやはり回し者でした。
ですが彼女は自分自身と葛藤していました。
任務に忠実であるのか
自信の本能の意思であるのか
自分なりに葛藤していたのです。






お嬢様は離れていったフミタンを探すため
町に繰り出します。







一方その頃おいちゃんズ達は
デモ隊を組んでパレード宛ら
練り歩きます。







鉄火巻軍団リーダーのオルガとその一行は
お嬢様を探すためにホテルで落ち合い
ホウレン草です。







男前美形のおとんである
テイワズのTOPがこれまた怪しい動き。
お嬢様からという名目で運び込まれた
荷物の事と今後の動きを読んで
謎の電話でやり取り。



黒いのぅ。








主人公の三日月はアトラと一緒に
お嬢様を探しに町へ。







デモ隊のTOPのおいちゃんは
決してこちらからは手を出すなと
釘をぶっ指す。
あくまでも穏便に取引出来るようにと促すが
そこは血の気の多いスタッフが
言うことを聞くかどうかは
二次元も三次元でも難解な問題でして。









そうこうしているうちに
お嬢様はフミタンを見つけ出します。
驚くフミタン。
しかし道路の反対側に居た為に
駆け寄ろうとした時
デモ隊の女性に危ないから下がってと言われます。




そこで違うデモ隊スタッフに
クーデリア様じゃないか!と騒がれます。
スタッフ達はお嬢様が来てくれたと勘違い。
お嬢様は困ってしまいます。


そしてそれを撮影しているTVスタッフ。







三日月達はTVを見てお嬢様を発見。
アトラに皆にこの事を伝えるようにと促す。



その時に三日月が
アトラの頬に手をやる。







「大丈夫か?」







きゅん死にするやろ。








かっこよすぎるやろ。








ビスケット*ごめん。









三日月ぃーーーーーーーっ!!!!!!!
惚れてまうやろぉーっ!!!!!!!!!!













あぁ、これが浮気なのか。
ビスケット*は愛してる。
三日月も愛してる。










トロッコが脱線ぎみなのは置いといて
三日月は大通りへと急ぐ。







お嬢様はデモ隊スタッフに囲まれて
お嬢様も何か皆に言ってやってくださいと
詰め寄られる。



お嬢様はそんなつもりもなければ
デモ隊に参加する気もない。
頭の中はフミタンでいっぱい。





このデモ隊を利用したギャラルホルン側は
恰もデモ隊が仕掛けたように見せかけて
大きな爆発を1つ。









ドカーンッ!!!!!!!!!!








双方吃驚。




デモ隊のおいちゃんは誰かと叫ぶ。
自分達は何もやっていないとスタッフ。
混乱を招いた為に1スタッフが発砲。







戦争開始皆皆開始ー!








突然の爆発と発砲とで開始された戦争は
見事にギャラルホルン圧勝。
っていうかおいちゃんズは皆殺しにされたわけで。

お嬢様は何事かと起き上がると
先程声かけられたデモ隊の女性が
血を流して横たわっていた。

お嬢様は駆け寄り女性を抱き抱える。
大丈夫ですかと。
女性は救世主の女神に抱き抱えられ
死ねるなら本望ですと。

お嬢様は無力な自分に歯痒い思いを馳せる。







この戦争に紛れてお嬢様を狙うスナイパー。
気付くフミタン。






お嬢様に駆け寄りスナイパーの弾を
見事に背中にくらう。





驚くお嬢様。





フミタンと声をかけるも
「暫く動くな」と言われる。




今までのお嬢様との生活を
走馬灯のように思い出すフミタン。

お嬢様が学生の頃
世の中をもっとよく直に見たいと
町中を歩く。

お腹を空かせた1人の子供に
飴をあげようとした時、
フミタンに止められる。




その施しはその場凌ぎであって
本当の意味での助けにはならないと。

でもお嬢様は
それでも何か出来ることをしたいと
飴をあげてしまう。





気付けば他の子供や大人まで
お嬢様に近寄りクレクレ状態。


怖くなったお嬢様は逃げ出し
フミタンに助けを求めるも
フミタンは居ない。




隠れていたフミタンは
お嬢様の前に現れる。
胸に抱きつくお嬢様。






常に傍に居たフミタン。
間近でお嬢様の成長を見てきたであろうフミタン。
自分は何をするべきか。
お嬢様にどうなってほしいのか。




お嬢様を庇うように身を呈して守る中
あなたはあなたのままで
そんな思いを見出だしたのか
フミタンは力尽きる。




覆い被さってきたフミタンの背中に触る。
真っ赤な血が
お嬢様の手のひらに。









「フミタン……………?」







お嬢様は驚愕する。
フミタンは自分を庇って撃たれたのだと。







それを見つけた三日月。







ここは危険なのでもう行こうと手を引っ張る。








待って、フミタンがまだ………







フミタンはもう「フミタン」ではなくなったんだと。








三日月が言う。
お嬢様を抱き抱えてその場を離れる。








フミタンーーーーーーーーーー!









お嬢様の悲しみが突き刺さる。















フミタン、フミタンはきっと
もっともっと
お嬢様の成長を見たかったよね。
お嬢様が本当に世の中を良くしたいと
思い描いて
その思いが単なる気紛れじゃない
意思を持った気持ちであること、
どうすればいいのか
手探り状態のお嬢様の成長と手助けを
きっともっとやりたかったはず。







最後にフミタンはお嬢様の命を守った。
それは最上級のフミタンの意思であり
行動だった。















フミタンーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!











命をかけて守ることは何かというお話。








追伸:今日はビスケット*より三日月にキュンキュンしました。
三日月の中の男の本能の部分が垣間見れた感じで
以前お嬢様にkissした時もそうでしたが
狙ってやってない行動って本当に痺れます。
(筋肉痛とかじゃないですよ?)

ビスケット*に言いたい。
浮気ではない。(え?)
ฅ^•ω•^ฅニャー





今日は消費期限が迫っている小麦粉で
なんちゃってパンを作って食べました。
1年に1度は最終小麦粉消費します。
小麦粉ってそんなに使わないので
最後は何かに使おうと思いながらパンが
手っ取り早いのです。

デニッシュパンもあったのでそれも食べました。
クルミ入りで美味しいんです。
昨日はそれを焼いて食べたのですが
今日はそのままです。
晩御飯はちょっと雑炊でうめぇーっ!!(^q^)
合間にゴーフレット入りチョコを食べました。
食べることばっかりだってばよっ!!

(;゙゚'ω゚')