読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え?

気が向いたら('ε'*)

お休みを満喫ライフ?

炬燵とストーブを活用する毎日に
このまま溶けて消えてなくならないか
心配する準備が整いましたら
れっつスタート。
















寒いっ。















この寒さは冷たいという言葉が似合う。
それくらい寒いし冷たいし冬本番って感じ。
炬燵とストーブが無かったら
どうなっていたのか考えるだけでも
体に鮫が来そう。



昨日、殆ど庭掃除と洗濯と掃除で
クタクタになった。
この前の台風みたいな風の後始末というか
庭がぐっちゃぐちゃだったのと
いらないものを放置していたやつが
風化して崩しやすくなったので
それを片付けていた。










その時に指に木の屑で指を刺した。











華奢で可憐な指に。












綺麗な赤い滴のような血液が出て
というよりビーズのように綺麗な血が
ぷつっと出て、しばし見ていた。














いてぇ。















ここから腐敗して壊死したらどうしよう。














最悪手を切り落とさないといけなくなったら
いったいどうしたらいいんだろう。















でもきっと自分のことだから
違う遊びを見つけてゲラゲラ笑ってそう。



問題ないな。



そうなったときの心構えを何かある度に
考えてしまう、ちょっと変わった子だ。
しかも小さい頃からである。




何て言うか一か八かみたいなっていうよりは
白か黒かをいつも考えていなければならないという
変な使命感があってよく考え疲れていた。

よくお前の発想は何処からくるのか?と
言われ続けた。
知り合いだけでなく、その日会った初めての人まで。
自分どんだけやねん。















あれですよ。




ナルトのシカマルみたいな感じですよ。




彼は200通り考えるんですが
本当にそれに近いです。








で、ですね、思ったんですよ、その時に。










あれだけ気を付けながら作業していたのに
軍手もしていたのに
何だったら恐る恐るやって怪我しないよう
気を使っていたのに。













そうか、お前(神様?自分?)は
そうまでして自分に怪我をさせたかったのかと。










ならばこの怪我、
受け入れよう。

















ペロッ。















今この血を舐めてしまったが為に
吸血になったらどうしry。















空想も妄想も自分だけの映画やドラマになって
主人公も脇役も演じれる最高の舞台というお話。










追伸:昨日ずっと動いていたので昨夜はいつもより
眠れた気がする。
今日も掃除しようと思ったけど寒いのと
今日は気分が乗らなかったので明日でいいやー。
炬燵でスマホでアニメ見て泣いて笑って
まったりしていました。

蜜柑もコイケヤも無くなって
クラスで孤立してスポットライトを
浴びてる気になって今このblogを書き上げている。
(ある意味スター)
あしながおじさん
「君にこれを贈ろう」
と言って1年分とか届かないかなー?
(なんぼほど楽観的やねん)

今日の晩御飯はいつもの銀ホイルだと思ったあなた。
今日はカレーなんだぜぇ!
昨日金曜日だったのでカレーにしようと思ったけど
今日作って日曜もカレーにする為に今日にしたのだ。

今家族が買い物から帰ってきて
最後のコイケヤ頑固あげ七味あじポテチを
GETしてきてくれた。
やれば出来る子。

(;゙゚'ω゚')