読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え?

気が向いたら('ε'*)

忘却のオルフェンズ?

毎週大切なこの時間帯に
舞い踊る準備が整いましたら
れっつスタート。


















れいじょーふぁーいっ!









声の限り
声の限り
声の限り叫んでーっ!!
















PM17:08……………。















もうちのう……………………………。










今日はすっかり忘れていた。
師走恐るべし。
すぐに気づいてスタンバイしたので
間に合いました。





んがっ、昭弘の弟がどうなったのか。





昭弘の弟の仲間、子供達を
全員ひっくるめて受け入れを決めた
鉄火巻軍団リーダーのオルガ。









泣けるやないかい。
えぇ男やオルガ。









しかし昭弘の弟はやはり亡くなっていた。
そんな仲間思いの軍団を見ていた
テイワズからの秘書が葬式をしましょうと。
男前美形も、それはいい案だ
死者の魂も安らかに、そして生まれ変わるという
話をすると鉄火巻軍団リーダーのオルガは
正直そういうのはよく分からないと。

それでも仲間がそれぞれ思うところもあるのと
あなただけの考えで縛らないようにと
秘書に言われて思わず
頭ごなしに言うなよおばさんと。

すると、聞こえていた秘書は
聞こえていたわよ、ガキ♪と。








なんなのこの2人。
いい雰囲気でこのままくっついてほしい。







そしてそうと決まったら準備をしよう。







その頃、男前美形とオルガと
ギャラルホルンの下請けチンピラのリーダー。

さぁ落とし前どうつける?と聞く男前美形に
オルガは

母艦とモビルスーツ全部寄越せやコラと。






割りと鬼でんがな。






そんなわけで迷惑料を貰うことになった
鉄火巻軍団。








昭弘はオルガに弟が乗っていた機体を
自分に譲ってほしいと。








小さい頃の思い出しかないからと。






そうだよね。
さっきまで乗っていた機体が
思い出になってしまったんだものね。
辛いなぁ。






そして葬式をすることになったはオルガは
本当は葬式には賛成じゃなかった。

オルガは葬式してるくらいなら
前に進みたいと思っていたけれど
秘書に言われて葬式をするとなった時の
皆の顔を見て思いを知って
やって良かったなぁと。









宇宙に綺麗な花火のような仕掛けを
施したスタッフや隊員達。
皆の顔に笑顔が戻ってきて
見ているこっちも良かったなぁと
安心して見ていた。







きっとそれぞれの思いが一瞬の光となって
宇宙に溶け込んだと思う。







余談ですが葬式やると決まった時に
男前美形と第一婦人のアミダ・アルカが
皆の見ている前でkissした。
味方の数名が亡くなったので
子孫反映の為に男ならやることやらんとなと。
要するに男は女を求めて
女は男を求めて
好きな人と
抱き合いたくなるだろうと。












照れるビスケット*に突撃胸ドキュン
死ぬかと思った。










もう1人それを見ていた主人公の三日月。











クーデリアお嬢様が1人宇宙の空を見ていると
三日月が食べるか?と
チョコみたいなものを1つ差し出した。




ありがとうと受け取ろうとした時、




三日月、あなた手が震えてるわと。





三日月自身も自分に驚きながら
だが狼狽えることもなく。

そんな三日月を抱き締めたくなったクーデリア。

驚く三日月。




これはその、小さい子がこうすると
安心するらしいのと言う。

さっき子供の1人が眠れず泣いていて
アトラが抱っこしてあげると言って
両手を広げたら
おぱーいないからフミタン(お嬢様の付き人)の
方がいいとフミタンに抱きついた男の子。






アトラ、成長したらおぱーいも大きくなるで。






そんなことがあってクーデリアは
三日月を安心させたかったのだ。










そんなクーデリアを見ていたら
三日月は少し安堵した顔になって
男前美形が言っていたような
気持ちになったのだろう、
クーデリアにkissをした。













驚くクーデリア。










三日月はイヤだったかな?と聞く。

イヤとかそうじゃないのよと。











この2人のこのやりとり。
オルフェンズを作ってくれてありがとう。
この感じ凄く良かったです!!

胸を打たれました。

本当にいい演じ方というか
上手くこういう話に出来て
それを見せてもらう立場で
本当に良かったなぁと感じた話、シーンでした。









今日のビスケット*の照れと
三日月のkissシーンは
脳裏に焼き付いています。












大好きなアニメで年末を過ごせるのは
本当に幸せで有り難いというお話。









追伸:今日は久々にお鍋でした。
白菜と豆腐とつみれとうどんとご飯です。
美味しかったー♪

さて、今日も頑張りますかー!
出掛けるんかーいっ!!

(;゙゚'ω゚')