読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え?

気が向いたら('ε'*)

スイッチOFF?

体調不良が続く中、
本日もパピコだけで終わるのだろうかという
考えが頭をよぎり、
そうはさせまいと晩御飯の献立を考える
準備が整いましたら
れっつスタート。
















すき焼きうめぇーっ!!
(^q^)















食べれるうちはまだまだ大丈夫というお話。






追伸:ってなことで今日はすき焼きとご飯を
茶碗に半分でした。
うめぇーっ!!
(^q^)

それでも食べてる最中ずっと顔面から滝汗が流れ
もうどっかおかしいのかと思えたのだが
久々のすき焼きにガッツキながらONを見てた。
内臓が疲れてるっぽい感じがする。
(´ω`)

実を言うと、お腹空きすぎて
昨夜に旨辛カレーと牛丼半分を食べたんだけど、
その後ごっつしんどくて。
体重が減ってたのも吃驚したんだけど
折角減ったのに元に戻そうとか思った訳でもないのに
何故か食べなきゃ!!と思って
気がついたら食べてた。
まぁ家族に買ってきてもらったんだけど
家族はペロリとたいらげたというね。

んで今日もやっぱり食べれなくて
夕方にパピコ梨味を食べて
その後にパピコのチョココーヒーを食べた。
そしたらお腹空いたに火がついて
晩御飯を何にしようか迷っていたら
味のついた豆腐が食べたくなったんだよね。
なのですき焼きにしたのだ。
‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/››‹‹\( ´ω`)/››

そしてONは最終回だったんだけど
最後は呆気なくというか巻きで終わった感じ。
それなりに面白かったんだけど
予想出来たし巻きで終わりすぎな感じが否めず。

東海林さんに主人公の藤堂が左右どちらの
腕を切るか考えといてくださいとか言いながら
助けるシーンがあるんだけど、
そこをもっと魅せるシーンにすればいいのになぁって。
ここ、海外ドラマだともっとドキドキハラハラと
させてくれるんだけどなぁって。
24なら腕切ってたよ。
後でちゃんと手術でくっ付けた設定で安心したけど。

何て言うかアッサリし過ぎてさ。

でもまぁ面白かったのでこれから見る人は
ココアに七味入れて飲みながら見るのお勧め。
(普通に飲ませろwww)

ちなみに犯人の気持ちが分かる自分は
「あっち側」なのかも知れないなぁって
思いながら見てた。
犯人の「結局、そっち側かよ」っていう気持ちというか
言いたくなるのも分かるというか。
言葉にするのが難しいんだけどさ。
主人公はある意味「恵まれた」環境だったりするので
東海林先輩が主人公を「こっち側」に寄せると言うか
戻せることが出来たんだと思う。

だからって殺人者に同意ってのと違うからね。
環境って大切って意味。
人が育つのと
人を育てるにはってこと。
ここら辺が当たり前に与えられた側と
与えられなかった側とでは
溝があって当たり前で
その溝に蓋をして
通り道を作れるのはやっぱり環境だなぁと。
手を差し伸べるにしても
差し伸べる側に余裕がないと
蓋なんてあっという間に外れるからね。

まぁ小難しいこと言ったけど、
このドラマは見て損はないと思う。
やや惜しい点は幾つか首傾げは否めないけどw
‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/››‹‹\( ´ω`)/››

ところでナルトの息子ボルトの話のコミック、
サスケの腰骨に惚れたんだが。
(*´Д`*)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア。

サスケそない格好いいかー?
とか思った過去の自分、マジ御免。
大人ってやっぱかっけぇーよな!!
ちょっとウエスタン風味な感じが壺。
サスケェーっ!!
(*´Д`*)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア。

ナルトの「俺達の頃とは違う……」ってところ、
何となく胸が詰まった。
時代が進むと必ず誰しもに起こる感情というか
心情というかさ。
まぁナルトが死んだ設定で話が始まるとは
思ってもみなかったんだってばさっ!!

(;゙゚'ω゚')


















っだってばよっ!!はナルトの口癖で
っだってばさっ!!はナルトの母親の口癖で
今はナルトの息子、ボルトの口癖です。
時代はぐるぐる回るよねー♪
‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/››‹‹\( ´ω`)/››